オークショントラブル

インターネットオークションにおいての、オークショントラブルが増えています。ネットオークションでは、インターネット上だけで取引するため、相手の顔が分からないので、オークショントラブルに遭うといったリスクを負う危険性もあるのが実情です。

 

オークショントラブルで、詐欺だとは立証できないようなトラブルもあります。ネットオークションで商品を落札し、商品発送をしてもらう時に、一般的に多く使われている定形外発送という郵送法がありますが、この郵便局の定形外発送方法には保証が付いていません。このため、落札者は商品代金を定形外発送料金とともに出品者に支払ったにも関わらず、商品が届かないといったトラブルが起こる場合があります。

 

出品者側は、間違いなく発送したと話し、落札者側に商品が到着しないというトラブルです。これは、一概に詐欺とは言えず、郵便局側も定形外発送郵便物に対する保証制度もありませんから、この場合は、落札者側がリスクを負うという結果になってしまいます。実際に商品は配達されていたとしても、集合ポストに入らないサイズの定形外郵便は、郵便局配達人側は部屋まで届ける義務が無いので、集合ポストに入りきらないサイズの荷物は集合ポスト前に放置されたまま、これで配達完了ということになります。オークション利用する時は、相手の評価も確認してから落札することが大事ですが、保証つきの配達方法を選択することも注意事項のひとつになります。

オークション詐欺

ネットオークションでは、詐欺が頻繁に起きています。2006年12月に、ヤフーオークションストア登録の「家電ドットコム株式会社」の詐欺立件がありましたが、記憶に新しい大規模な詐欺だったといえます。「家電ドットコム株式会社」の詐欺事件は悪質なもので、ヤフーオークションにおいて落札者が家電を落札後に、「家電ドットコム株式会社」に商品代金を送金したにも関わらず、「家電ドットコム株式会社」側は落札商品を発送しないという、大規模被害が急増しました。

 

その詐欺の実態は恐ろしい数字で、「家電ドットコム株式会社」側は、落札された件数は1713件、落札総額はなんと、1億9440万円に達し、この中で詐欺被害は989件という異常な詐欺被害件数でした。被害総額は約8786万円に達していたと詐欺実態がマスメディアで発表されました。

 

ヤフーオークションサイドでは、「家電ドットコム株式会社」詐欺被害に対して、補填するとの発表がありました。オークションサイトを利用した悪質な詐欺は、いくつものオークション詐欺のケースがあります。

 

フィッシング詐欺や、盗品出品者の不正流出品など、オークション詐欺のリスクも問題になっています。

オークション評価とは

オークションの特徴のひとつに、オークション評価があります。これは出品者が落札者側にする評価と、落札者が出品者側にする評価があり、オークションではお互いに双方評価をすることが基本のマナーになっています。

 

オークションには、参加者全員のブースに評価欄という場所が設置されています。このオークション評価が、出品者、落札者の過去のオークションでの取引履歴となっていて、落札したい商品が見つかったら、まず評価欄を見ることになります。1度や2度の悪評価であれば、沢山の取引の中には、上手く意思の疎通が合わずタイミングが悪かったなどのアクシデントや、トラブルはあると多めに見てもらえると思いますが、あまりに多くの悪評価のある場合は、落札は控えたほうが安心たといえます。

 

出品者側は特に、落札されたときに、落札者の悪評価が多いと不安になりますし、落札前から気持ちのいい取引にならないのではないかという不安の目安になってしまいます。悪評価をされないために、節度のある良識のあるオークション取引を心がけることが大切だといえます。

 

オークション評価をする場合は、落札者も出品者も双方が、個人情報となるような書き込みは一切禁止されています。評価する相手の名前や住所電話番号など、個人を証明するような書き込みは禁止されています。評価する場合は、必ずオークションIDが表示されますので、相手へのお礼の気持ちを丁寧に伝えることがマナーとなってます。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1スタイルボーテ.com20
2getmacosxcertified.org10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1getmacosxcertified.org10
2スタイルボーテ.com20